準備するもの|会社にメリットがある事業譲渡を行うためにリスクも知っておこう
男性

会社にメリットがある事業譲渡を行うためにリスクも知っておこう

準備するもの

スーツの人達

香港で会社設立をする前に準備しておく物をいくつかご紹介します。一つ目に、会社名になります。会社名は、会社の顔となるので、一度聞いただけでもすぐに覚えられるようなインパクトのある会社名にしましょう。二つ目に、香港でどんな事業を行いたいのか、どんなサービスを提供して利益を上げるのか細かく計画してください。事業内容に関しては、どんな人をターゲットにするのか考えておかないと会社設立のときに、狙っている人がいない地域に店舗を立ててしまう可能性があります。三つ目に、店舗の所在地についてです。香港で土地を購入して会社設立を行ってもいいのですが、レンタルオフィスや事務所を借りる方法もあります。ですので、自分の条件に合わせた店舗を考えましょう。四つ目に、資本金です。資本金は会社運営のために必要な物を購入する際に使用するお金です。ですので、会社運営のために必要な物を買っても、約半年間は運営できるような資金を用意しておくと安心です。五つ目に、事業年度を決めることです。住民税の支払いなど、安くできる場合があるので、考えて事業年度を決めてください。香港で会社設立した場合は、4種類の印鑑を準備しておきましょう。なぜかというと、様々な手続きの際に必要になるからです。六つ目に、印鑑証明書を発行してください。印鑑証明書は、会社設立時の認証と登記時に使うので発行しておいてください。準備を入念に行うことで、香港での会社設立はかなりスムーズに進められるでしょう。